Q&A


    

水素水・還元水素水・溶存水素について



水素水の基礎知識
水素は原子番号1の元素で、最も軽い物質です。通常は水素原子の単体ではなく水素分子として気体の状態で存在します。
水素が発見されたのは、ヨーロッパで酸素と化合して水ができることから、ラテン語の水と生むの二つ語句を合成して「水を生むもの」と命名。それが日本に伝わり「水の元になるもの」から「水素」と翻訳されました。
水素は無色、無臭で、非常に軽い性質を持っています。
酸素と結びついて水になりますが、有害な二酸化炭素などを発生せず、低炭素化に貢献できる新たなエネルギーとして、水素自動車などの実用化が進んでいます。
水素がたっぷりと溶け込んだ水として、水素水が販売されるようになったのは、ごく最近のことで国内外の学会で水素水に関する多くの研究が公表され、美容や健康に関心を持つ人々の間で、熱い注目を集めています。
天然水(地下水、井戸水)に水素が含まれている例は少なく水素が含まれていても微量なので一般的には、水に圧力をかけ水素ガスを溶かし込ませる方法やマグネシウムを水に入れ水素を発生させます。

最近では、水素水生成機の研究開発も進み溶存水素量も十分な値を持続できる商品が多くなり人気になっております。  人気の水素水生成器一覧

 
水素水と活性酸素の関係

人間は酸素を取り入れ生きていますが、酸素は物を酸化させる性質があります。

酸化の例としては、釘が錆びる、りんごの切り口が変色するなどで、人間では老化になります。

体内では、酸素を取り入れ機能しますが、その結果活性酸素が体内で発生し細胞などを傷つけ病気の原因になる可能性があると言われています。

活性酸素は、激しい運動やストレス・紫外線・飲酒・喫煙などの日常生活においても多く発生致します。
日常生活で活性酸素の発生をゼロにはできません。

 
水素水で活性酸素を除去

水素水は体内の細胞までいきわたり、体内の活性酸素を水に還元し除去し血液や細胞の酸化を還元します。

悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)は、細胞を攻撃し酸化させ、その結果老化や動脈硬化が進み病気の原因になる可能性があるように言われています。

水素水は全身にいきわたるのが早く活性酸素と結びつきやすいため体内で過剰に発生した活性酸素を水に変え無害にします。

活性酸素2OH+水素H2 +2H2O
体内の活性酸素に水素(H2)が反応することで水(H2O)に還元でき体外へ排出します。

 

水素水のよくあるQ & A
【Q】 水素水がペットボトルで販売されています。水素の濃度は大丈夫でしょうか?
【A】 水素は気体ですから水素は逃げてなくなります。ペットボトルでの水素濃度を維持するのは難しい。

【Q】水道水に水素は含まれていますか?
【A】水道水には全く含まれていません。地下水、井戸水は微量含まれている場合がございますが直ぐになくな
     リます。

【Q】水素水を沸騰させても効果ありますか?
【A】水素濃度を維持する為には、水温が低い方が良いでしょう。

【Q】水素は安全なものでしょうか?
【A】水素は食品添加物としても安全性が確認されてます。

【Q】水素水が体に良いってどんなにいいの?
【A】体内で過剰に発生した悪玉活性酸素を還元し水となり体外へ排出します。

【Q】水素水は信頼していいですか?
【A】水素水は色々な機関で研究されています。日本大学やNASAなどで研究され世界的な医学雑誌に掲載
   されるほど注目されております。